新商品のご案内

商品一覧ページへ

商品カテゴリー

ガーデニングお役立ち情報

秋に活躍する宿根草「アンドロポゴン」

秋に活躍する宿根草「アンドロポゴン」

宿根草の多くは春に芽吹き秋には葉を落とす個体が多く、宿根草が多いmyオープンガーデンもでも秋のガーデンは少し物悲しい雰囲気に包まれます。 そこで活躍してくれるのがススキ!ではなく...「アンドロポゴン」です。 なかなか一回では舌が回らない名前ですが、覚えておいて損はありません。 ・魅力 そこまで大株にならない 秋の庭のアクセントになる 株分けして増やせる 屈強 ドライにもなる ・スケジュール 一年目は穂が出ない

続きを読む
初秋の主役「コスモス」のガーデンスケジュール

初秋の主役「コスモス」のガーデンスケジュール

南九州の初秋10月上旬~中旬はようやく朝晩が涼しい時期になり、過ごしやすい気候になりますよね。 お庭はというと夏物の花は疲れが見え、雑草はひと段落したので庭の秋物を植えようかな!といって来店し頂くお客様もちらほら。 しかし、園芸店に行っても「ん~花がない・・・」といった経験をされた方もいるのではないでしょうか。 生産側の視点から言うとこの時期は「端境期」といって丁度植物の供給が止まりやすい時期になります。 夏の花を生産するには販売時期が短すぎて市場価格が叩かれやすい。かといって秋物の花をこの時期に出荷するというのはとんでもなく暑い時期に種蒔きをしないといけないのでロスが出やすく非常にリスキーになります。 要は夏物を植えるには遅すぎるし、秋物を植えるには早すぎる時期なのです。この時期の服装の悩みと一緒ですね。   前置きが長くなりましたが、我が町「宮崎県小林市」でも10月初旬~中旬になると生駒高原のコスモスが満開になります。秋の夕暮れとコスモスは何ともいえぬ幻想的な情景を醸し出してくれます。 風の丘ガーデンもコスモスが好きで何年も育てて楽しんでおります。 そこで一般家庭でも楽しめるコスモスの栽培方法をお伝えしたいと思います。 コスモスは「種子」から 1年草のコスモスは種子から栽培する方がベターです。 というのも背丈が大きく、直根であるため、営利生産向きの植物ではないんです。なので販売店へ行ってもなかなか苗は見かけません。 園芸店に置いてある種子か通販で取り寄せた方がいいでしょう。 種まきの時期によって背丈が変わる 風の丘ガーデンでは背丈が大きくなりすぎない様100cm?を目標に播種時期を 8月に設定しております。それより高い方が好みという方は8月より前に、低い方が好みという方はそれ以降に蒔いてみてください。 園芸品種は多種多様 一般的によく見るコスモスは赤、ピンク、白ですが、黄色のキバナコスモスやオレンジがかったオレンジキャンパスという多種多様な品種がありますので、是非自分のガーデンに合う色調を選んでみるのも楽しいですね。  

続きを読む
買った後どこに置けばいい?プリンセチアの置き場所と管理方法

買った後どこに置けばいい?プリンセチアの置き場所と管理方法

「冬に出回る花だから冬強いんじゃないの?」 よく、ポインセチア、プリンセチアを購入された方が質問されます。 もともとはメキシコ原産で温かい国出身なので日本の寒い冬は苦手です。 しかし、赤と緑の組み合わせがクリスマスにピッタリだという事でクリスマスの花で定着してきました。 生産ハウスではどんな管理しているの? 8~9月 日差しで葉焼けしないようにシェード(日よけ)をかけて直射を避けています。 10月 朝晩は涼しくなってくるので、午前中、夕方は日を当てて光合成をさせています。下旬になってくると夜温が15℃を切ってくるので暖房の準備が必要です。 11月~12月 販売店に出回る11月は日中の日光も柔らかくなり、さんさんと日光浴をさせています。ただ、日中は暖かくても、夜はぐっと冷え込んでくるので、夜間は15℃以下にならないように暖房で温度管理をします。 ご家庭での管理もこの生産ハウスと同じ環境を作り出してあげれば必然と枯れることはありませんので、参考にしてみてください。   ポインセチアのサイン「下葉」が枯れる 一番多いのはこの症状だと思います。 原因は寒さ。玄関先に置いていた。窓際に置いていた等々。 お客様に見てもらいたい気持ちは分かりますが、夜間も置いておくのは寒いのでNGです。 ベストは人が集まるリビングが一番かと思います。

続きを読む
記事一覧ページへ

News Letter

定期的にガーデニングの耳寄り情報をお届けしています。

風の丘ガーデンの思い